光触媒は当初「防汚・セルフクリーニングの効果」に注目が集まり、主に外 壁やガラスへの施工が主流でした。
その後、室内使用の可能性が見いだされ、消臭・抗菌へと拡大しました。
近年は数度の感染症蔓延時に改めてその効果に期待され、さらなる改良を重 ねながら、発展してまいりました。

国内の光触媒市場動向神奈川県立産業技術総合研究所サイトより)

 

今回の「新型コロナウイルス」でも集団感染が発生した場所は、人の接触が多い場所 でした。

事例:病院病院

事例:介護
介護施設

事例:レストランレストラン・居酒屋

当サイトでは、ご希望のお客様に対し抗菌・消臭の効果を実感していただきたく 有料とはなりますが、お客様のもとへお伺いしご希望の場所でテスト施工をさせて いただきます。 材料・時間に限りがありますので、場所はコンビニのトイレ程度のスペースとまでと させていただきます。 尚、施工後は施工前と施工後のコロニー数の比較資料を提出させていただきます。

報告書の結果をご検討いただき、ご採用の可否をお決めいただければと思います。 専門家によりますと、今回の「新型コロナウイルス」が収束しても、また別のウイルス が感染爆発する可能性もあるようです。

これを機会に身近な場所での衛生環境を高めるため、Tersus IN をご検討いただければと思います。

光触媒による抗菌・防カビ、防臭・大気浄化のしくみ抗菌コーティングのしくみ

施工の流れ抗菌コーティングの効果

トピックス

2020年05月23日

ホームページを公開しました。